2016年6月10日金曜日

20×2=40。次なる20へ。養生文化×共同創造。

5月18日@冨貴工房。

この日は僕の40歳の誕生日♪

僕はこの地球に、何かをしてもらうためではなく、何かをするために生まれてきたわけで、、
土星と木星という太陽系で最も大きな2つの星の会合周期である20年という大きなめぐりを2スピンした大きな節目で、大切な仕事仲間と、共同創造のために集えた事はとても嬉しい。

僕はここ数年、誕生日は何かをもらうより、何かをしたり、何かをギフトすることをこそ、したいという気持ちになる。


衣服作りの仕事仲間「vieja」大樹君と、
敬愛する染色家であり顔料作家である「古色の美」ぶっさんと、
交流&打合せ。

この日のMTGの流れで、麻炭、日本茜などを使った色々な展開が新たに始まりそうです。

そして最近注目している黒染め。

ぶっさんの作る顔料は素晴らしい。

よく溶けるし、よく吸収するから、ムラもできにくいし無駄がない。今回は煤染めを実演。



9月4日の冨貴工房マルシェの中で、ぶっさんのべんがら染め体験が出来ます。

ぶっさんが
「夜の染めもいいんだよねー。
 暗闇でどんな風に染まっているか分からない中で染めるのがいいんだよ。」
と乙な事を言うので、
この日の「冨貴夜市」でも、ぶっさんの夜染め体験、やってもらうことにしました。
お楽しみに!

そして河原に蒔きまくった紅花と藍の様子をチェック。
工房から徒歩5分の壮大なファーム、ガーデン。



畑帰りに商店街の「日の出タコス」で出前を注文。
店員でありパーカッショニストのビートけんいちくんが「ジェンベを染めたい」と言うので、サンプルに染めで使った板と棒をプレゼント。
とりわけ棒に大喜び。太鼓のバチになりました。



その後は、viejaアイテムを中心に麻炭染めと茜染めをじっくりと。



まかないはビーツと芋の炒め煮など、染めの合間にサーブ。


最後は茜足湯でシメ。



共に語らい、共に手を動かし、同じものを食らう。

創造の時間をわかちあう。


仕事にも、打ち合わせにも、手間暇が大切。

急がず、じっくり、ていねいに。

だからこそ、心が通う。

信頼関係が、自ずと醸成されていく。

それでこそ、日々のネットワーキング、遠隔通信も、つつがなく行える。

服飾 養生 文化 共同 創造


大切な仲間と高め合うセッションができる事がありがたい。