2017年10月6日金曜日

肚でかもす

腹立つ事も、悲しい事も、言葉に出来ない感情も、全部肚で醸してやる。

そういう気持ちがようやく戻ってきた。

国家の力をアピールするために東大寺に建てた大仏に塗る金箔の原料が足りないからと言って、征夷大将軍が今の福島に攻め込んできたのは今から千年以上前のこと。

彼ら国軍から蝦夷と呼ばれた原住民達のチーフであるアテルイとモレは、和平調停をするという約束を信じて京都に出向き、その場で打ち首にされた。

町のど真ん中の橋の下で、ノコギリで首を切られた。

それ以来、福島以北の土から鉱物が掘り起こされ、首都であった奈良京都に運ばれ続けた。
そして現代、福島の地に作られた原子炉から、首都東京にエネルギーが送られ続けた。

千年は、遠い昔ではない。

変化を起こす意志と行動がなければ、同じことが繰り返される。

医学界は命のためにあるもの。

しかし厚労省がそうだとは、僕は思っていない。

第二次大戦中に中国人を捕まえては「丸太」と呼び、八つ裂きにし、薬物を投与し、他国軍がたじろぐぐらいの人体実験を行い、様々な薬物についてのデータを取り続けていた「731部隊」の高官達が「アメリカの言うことを聞く」という約束を交わして無罪になり、彼らが作ったのが厚労省とミドリ十字。
世界的に見れば、製薬会社は生物兵器や枯葉剤、マスタードガス、放射線兵器を作る技術を、そのまま医療・製薬のビジネスに転用している。それらを推進するWHOは、人口を減らす事にやっきになっている。

しかし、医師は心と魂を持つ個人だ。

その昔、国の言うことを聞かずに、独自に薬草学や気学を使って民の病を治していた人たちは「国家にとって脅威」とされ、「鬼」などと呼ばれて迫害を受けた。鬼の一部は、メディスンマンであり、シャーマンであり、ブラックジャックであり、魔女だ。
今、放射能から命を守ろうという人たちは、いわば鬼扱いを受けていまいか。

いわきにある鬼ヶ城にはこんな看板がある。
「当時、ここには鬼と呼ばれる国家の言うことを聞かない人たちがいました。彼らは地元の人たちからも嫌われていました。しかし朝廷軍が彼らを退治しました。」
この看板を見て、放射能から子どもを守る活動をしている女性が「鬼って、まるで私たちのようですね」と言った。

そういう歴史を、そのままにしてきたのは、国家ではなく個人だろう。

鬼が迫害されるさまを、黙ってみてきた従順な人たちが、この歴史を作ってきた。

海賊、山賊、鬼。

海旅Campの代表は、海賊の集まる下関の、暴走族の元リーダーだ。
国家教育に違和感を覚えて高校を中退したようなやつが、保養の現場を続けている。

そういう時代だ。

あきらかに国家から「海賊扱い」されているような、上関原発建設計画を止めようとがんばる、祝島のおばあが「殺されるかもしれないね。でも、死んだら化けて出るから大丈夫。」と笑い飛ばす声が、海に響く。

Spirit never die .

歴史を、his storyにしてはいけない。

私たちの物語は、私たちが作っていくものだろう。

嘆きも悲しみも怒りも、ぜんぶごった煮の味噌煮込みうどんにして食って血肉にしてやろう。

魂が国家に屈することはない。

いくさも弾圧もすべて醸して味噌にしてやる。

みそ作りで忙しいのでいくさに加担する暇はない。

踊りで忙しいので、踊らされる暇はない。

いくさに出す味噌はない。

いくさに出す塩もない。

一瞬たりともいくさに加担するつもりはない。

今までも、これからも。

たとえ殺されようと、魂は死なない。

先人たちの歩んできた、いくさからおりていく道をたやさぬ事以外に、することはなし。

未来永劫平和を希求。その道は自分たちで作るので大丈夫の大成功が約束されている祝福の道だ。